特定非営利活動法人 ヒューマンインタフェース学会

ホーム > イベント > ヒューマンインタフェースシンポジウム2006

HI2006logo.gif ヒューマンインタフェースシンポジウム2006

参加募集

日時:2006年9月25日(月)~9月28日(木)

会場:倉敷アイビースクエア(岡山県倉敷市)

岡山県倉敷市本町7-2


What's New

おかげさまで、ヒューマンインタフェースシンポジウム2006は研究発表が270件、参加者は600名を超える盛会となりました。

来年のシンポジウム(2007年9月3日-9月6日、工学院大学(東京都新宿区)へのご発表・ご参加をお待ちしております。

ヒューマンインタフェースシンポジウム2006 論文集 8000円(CD-ROM版) 12000円(紙版)
お申し込みはこちらへ

http://www.his.gr.jp/activities/sympo/submit2/hi2006/
申し込みは終了しました  

過去のシンポジウム論文集(1986-2005年)をお求めの方は学会バックナンバーのページへ
http://www.his.gr.jp/office/index.html#backnumber
(2001年、2002年論文集は完売いたしました。)


Contents


大会長挨拶

思いがあふれるインタフェース「身体」から「身体」へ

渡辺 富夫氏の画像です

人と会って話をするのは実に楽しいものです。対面では、語りかけに対して自然にうなずくなど、対話者相互に身体的リズムが共有し、引き込むことで一体感や共有感が実感されます。このコミュニケーションにおける身体のはたらきによりコンテキストが共有され、「思いが通い合うインタフェース」が生成されると私は考えています。このインタフェースは、コミュニケーションの前提となる一体感や共有感、さらには安心感や信頼感に通じるものです。ここがしっかりしていれば、思いっきり会話を楽しむことができるでしょう。

情報機器を介して人とのインタラクションを円滑・促進し、コミュニケーションを支援するのがヒューマンインタフェースの主要な目的の一つです。情報機器を介することで、遠く離れていても対面のように、あるいは対面でないが故に違うモードで、思いが通い合うインタフェースの可能性が広がります。しかし一方で、講演会場に居ながら外部との通信が可能になったが故に、その場に収束することなく、外部とも複雑に絡み合い、講演者と聴講者との身体的なインタフェースが希薄になりがちなのも実情です。

本シンポジウムでは、身体から身体へのインタフェースを大事に、その場での絡み合いの相乗効果で正に「思いがあふれるインタフェース」を自然に生成したいものです。勿論、会場に人もあふれて。

大会長 (岡山県立大学)


大会スケジュール

  午前 昼頃 午後 夕刻
9月25日(月)    

講習会 13:00~17:00(コース1のみ18:00まで)

会場:オパールW
コース1:実践ヒューマンインタフェース
会場:オパールE
コース2:初心者のためのヒューマンインタフェースデザインの極意

会場:フローラルコートE
コース3:はじめての心理統計:心理実験の統計分析の基礎

 
9月26日(火)

一般発表 9:00~10:20
身体的インタラクション・コミュニケーションⅠ
ユーザ行動・ユーザモデルⅠ
感覚
認知・生理Ⅰ
インタフェースデザインⅠ
ユーザビリティⅠ

一般発表 10:30~12:10
身体的インタラクション・コミュニケーションⅡ
ユーザ行動・ユーザモデルⅡ
環境デザイン
認知・生理Ⅱ
インタフェースデザインⅡ
ユーザビリティⅡ

 

一般発表 13:00~14:20
身体的インタラクション・コミュニケーションⅢ
学習・教育支援Ⅰ
認知・生理Ⅲ
インタフェースデザインⅢ
ユーザビリティⅢ

一般発表 14:30~15:50
身体的インタラクション・コミュニケーションⅣ
学習・教育支援Ⅱ
認知・生理Ⅳ
インタフェースデザインⅣ
ユーザビリティⅣ

一般発表 16:00~17:20
身体的インタラクション・コミュニケーションⅤ
学習・教育支援Ⅲ
ノンバーバルインタフェース
インタフェースデザインⅤ
ユーザビリティⅤ

 
9月27日
(水)

一般発表 9:00~10:20
情報デザイン
入力インタフェースⅠ
参加型評価

一般発表 10:30~11:50
コミュニケーション支援Ⅰ
入力インタフェースⅡ
マルチモーダルコミュニケーション

 

対話発表 12:50-14:00

一般発表 14:10~15:30
コミュニケーション支援Ⅱ
バーチャルリアリティⅠ
知覚
福祉・障害支援

一般発表 15:40~17:00
コミュニケーション支援Ⅲ
バーチャルリアリティⅡ
ユビキタス
ユニバーサルデザイン

特別講演 17:20~18:50
思いあふれるインタフェース-どこに存在し、存続できるか?-

イブニングセッション
19:00~ ※1

9月28日(木)

一般発表 9:00~10:20
芸術・エンタテイメント
視覚障害支援Ⅰ
ドライバー支援Ⅰ
Webインタフェース
感性Ⅰ

一般発表 10:30~12:10
手話
視覚障害支援Ⅱ
ドライバー支援Ⅱ
表情
感性Ⅱ

 

一般発表 13:00~14:20
モバイル・ウェアラブルⅠ
視覚障害支援Ⅲ
協調作業支援
実世界指向インタフェース
感性Ⅲ

一般発表 14:30~16:10
モバイル・ウェアラブルⅡ
視聴覚障害支援
安全/快適性
高齢者支援
設計支援

 

※1:イブニングセッションへの参加は、別途参加費 4,000円が必要です。


特別企画

特別講演
思いあふれるインタフェース -どこに存在し、存続できるか?-

田村ヒューマンインタフェース研究所  田村 博

もとより、ひとの思いはうつろなものである。時や場所、相手によって、浮かぶ思いは異なる。その微妙な違いを排除すると券売機やATMのようなインタフェースになり、コンビニ風のマニュアル対話になる。

乗車券代わり、買い物、身分証明などICチップと無線をつかったデータ交換がインタフェース環境に広がっている。これら技術の可能性を活かすには、料金システムや鍵の運用を原点から考えることが望ましい。

デジタル技術は家庭においても日用品となった。親戚や知人宅を訪ねたとき、手も足もでないインタフェースに出くわすことが多い。その家の住人ですらよくわからないことも少なくない。人の家は外国のように感じることもある。それぞれの家の思いをどのような形で豊かにし、これを表現するインタフェースを見出して行きたい。

田村博氏の写真です

ワークショップ

ワークショップ 2006年9月26日(火)

WS1 「人とエージェント・アバタインタフェースのインタラクションを見つめる」 (17:30~19:00 )

企画:HIST(ヒューマンインタフェース若手メーリングリスト)

近年のオンラインあるいはバーチャルな空間利用の研究開発がさかんに行われつつあり、そのキャラクタエージェントやアバタの取り扱いに関する研究も増えています。このエージェント・アバタインタフェースについて、人とキャラクタとのインタラクションに焦点を当て、システムのコンテキストから見たエージェント・アバタと ユーザとの関係性などそれぞれの機能や効果を見つめる議論の場とする予定です。短い時間ですが、関係の深い方々にお集まり頂いて、ご自身のご研究を通じた意見交換を行います。

司会:石井 裕(神戸大学)
講演者:土屋 直樹(静岡大学)
鈴木 聡(東京工業大学/国立情報学研究所)
唐島 一宇(PROPE)
山本 知仁(金沢工業大学)

WS2 「健康・福祉とインタフェース」 (17:30~19:00 )

現在の国民の最大関心事は健康であり、健康福祉機器・サービスは、経済産業省の新産業創造戦略7分野の一つに挙げられています。市場規模は2010年には約75兆円との見通しが立てられ、元気シニア立国を目指した健康サービス産業の総合的育成と、我が国の優れた製造技術を活かした医療・福祉機器の開発・普及というアクションプランも提言されています。このような社会的背景の下、本ワークショップでは、心身活性化/リハビリテーション/健康維持サービスなどのシステムや製品の開発に、実際に携わって来られた方々をお招きし、その開発秘話や苦労話を通じて、従来の健康福祉機器・サービスの限界を打破し、現在の高齢化社会・情報化社会に即応する、人に優しくかつ最大の効果を実現できるヒューマンインタフェースとは何か、さらには売れるヒューマンインタフェースとは、と言ったことについてパネル討論し、参加者の皆様と共に考えたいと思います。

司会:竹田 仰(九州大学)
パネリスト:大島 正明(旭リサーチセンター)
大須賀 美恵子(大阪工業大学)
澤田 一哉(松下電工) 
柴田 隆史(早稲田大学)(50音順)

WS3 「バリアフリー→ユニバーサル→インクルーシブデザイン」(17:30~19:00 )

バリアフリー、ユニバーサルデザイン、インクルーシブデザイン...これらの概念はどういう考えにもとづいて何を目指しているのだろう?流行に終わらない、これからの日本にとって必要な考え方とは?一緒に考えましょう。そこで、インクルーシブデザイン・ワークショップを実体験していただきます。インクルーシブデザインの総本山:英国王立芸術大学院との共同研究やワークショップのファシリテータの経験が豊富な平井先生をお招きします。

ファシリテータ:平井 康之 (九州大学 / ユーザーサイエンス機構)


シンポジウム講演参加費

  シンポジウム
《発表と聴講》
シンポジウム
《聴講》
Evening Session 講習会
学会員
協賛会員
13,000-(1)(2) 13,000-(2) 4,000 15,000
非会員 19,000-(1)(2) 19,000-(2) 4,000 20,000
学生学会員
協賛会員
13,000-(1)(2) 1,000-(3) 4,000 2,000
非会員学生 19,000-(1)(2) 5,000-(3) 4,000 5,000
資料のみ   8,000/12,000-(4)   2,000

(1)複数発表の場合、件数分の参加費が必要です。
(2)上記金額にはCD-ROM論文集が含まれます。
(3)CD-ROM論文集は含まれません。なお、学生でも発表者は一般と同じ価格になります。
(4)論文集は、CD-ROM版の購入の場合8,000円、紙版の購入の場合は12,000円となります。
なお、紙版は事前申込のみ受付で 申込締切は8月25日 となります。

参加費の振込先

郵便振替:01080-1-14009
口座名「ヒューマンインタフェースシンポジウム」
銀行振込:三菱東京UFJ銀行 西七条支店(ニシナナジョウシテン) 普通3566234
口座名「特定非営利活動法人 ヒューマンインタフェース学会


協賛学会

映像情報メディア学会 応用物理学会
オフィス・オートメーション学会 画像電子学会
計測自動制御学会 システム制御情報学会
自動車技術会 情報処理学会
照明学会 人工知能学会
精密工学会 電気学会
電子情報通信学会 日本音響学会
日本感性工学会 日本機械学会
日本原子力学会 日本建築学会
日本航空宇宙学会 日本心理学会
日本生活支援工学会 日本生体医工学会
日本知能情報ファジイ学会 日本人間工学会
日本認知科学会 日本バイオメカニクス学会
バイオメカニズム学会 日本ロボット学会
日本バーチャルリアリティ学会 日本リハビリテーション医学会
日本リハビリテ-ション工学協会

シンポジウム事務局/問合先

ヒューマンインタフェース学会事務局
〒600-8815
京都市下京区中堂寺粟田町93番地
京都リサーチパーク6号館 304号
tel: 075-315-8475 / 075-326-1331
fax: 075-326-1332
e-mail: HISシンポジウム事務局のメールアドレスです
URL: http://www.his.gr.jp


関連リンク

HIS2005のロゴです HI2005 HISのロゴです 学会ホーム