特定非営利活動法人 ヒューマンインタフェース学会

ホーム > 学会案内 > 2019年度役員

[2018]  [2017]  [2016]  [2015]  [2014]  [2013]  [2012]  [2011]  [2010]  [2009]  [2008]  [2007]  [2006]  [2005]  [2004]  [2003]  [2002]  [2001]  [2000]  [1999]

2019年度役員

会長 下田 宏      
副会長 藤田 欣也 大久保 雅史    
理事 狩川 大輔 小林 真 坂本 隆 葛岡 英明
伊藤 雄一 木村 朝子 伊藤 潤 雨宮 智浩
高橋 信 石井 裕剛 伊藤 京子  大林 史明
竹内 勇剛 山本 知仁 谷川 由紀子 井野 秀一
監事 渋谷 雄 福住 伸一     

2019年度評議員

任期 2020年通常総会の日まで

浅野 陽子(NTTテクノクロス) 巖淵 守(早稲田大学) 大井 忠(三菱電機)
大杉 淳(パイオニア) 大槻 麻衣(筑波大学) 大野 健彦(NTTテクノロス)
大野 真梨奈(パナソニック) 小野 哲雄(北海道大学) 加藤 伸子(筑波技術大学)
加藤 博一(奈良先端科学技術大学院大学) 河野 純大(筑波技術大学) 楠 房子(多摩美術大学)
倉持 淳子(シャープ) 黒須 正明(放送大学) 黒田 嘉宏(大阪大学)
神田 智子(大阪工業大学) 小谷 賢太郎(関西大学) 阪田 真己子(同志社大学)
椹木 哲夫(京都大学) 新垣 紀子(成城大学) 竹村 治雄(大阪大学)
田中 久弥(工学院大学) 土井 美和子(情報通信研究機構) 常盤 拓司(慶應義塾大学)
中洲 俊信(東芝) 中谷 桃子(NTT) 鳴海 拓志(東京大学)
則枝 真(NEC) 福本 雅朗(Microsoft Research) 三輪 敬之(早稲田大学)
武藤 剛(文教大学) 村田 和義(青山学院大学) 森本 一成
山本 倫也(関西学院大学) 吉野 孝(和歌山大学) 米澤 朋子(関西大学)
和氣 早苗(同志社女子大学)

任期 2021年通常総会の日まで

赤津 裕子(沖電気工業) 阿部 敬人(三菱電機) 伊賀 聡一郎(パロアルト研究所(PARC))
石井 裕(岡山県立大学) 岩田 洋夫(筑波大学) 岡 耕平(滋慶医療科学大学院大学)
岡田 美智男(豊橋技術科学大学) 岡橋 さやか(京都大学) 梶本 裕之(電気通信大学)
亀山 研一(帝人ファーマ) 川上 浩司(京都大学) 北村 尊義(立命館大学)
北村 喜文(東北大学) 倉本 到(福知山公立大学) 小林 郁央(オーバルプラン)
五福 明夫(岡山大学) 才脇 直樹(奈良女子大学) 塩瀬 隆之(京都大学)
角 康之(公立はこだて未来大学) 関根 千佳(ユーディット) 高嶋 和毅(東北大学)
近井 学(産業技術総合研究所) 寺内 美奈(新潟職業能力開発短期大学校) 長嶋 祐二(工学院大学)
仲谷 善雄(立命館大学) 西田 正吾(放送大学) 西山 敏樹(東京都市大学)
布川 清彦(東京国際大学) 畠山 洋祐(インタラクションイニシアティブ) 土方 嘉徳(関西学院大学)
平岡 敏洋(名古屋大学) 廣瀬 通孝(東京大学) 藤野 秀則(福井県立大学)
三浦 貴大(産業技術総合研究) 三浦 直樹(東北工業大学) 村上 晴美(大阪市立大学)
百瀬 桂子(早稲田大学) 森川 治(山口大学) 矢入 郁子(上智大学)
山中 仁寛(甲南大学) 米村 俊一(芝浦工業大学) 渡辺 富夫(岡山県立大学)

理事・監事の紹介

会長 下田 宏(WEBリニューアル)
1987年京都大学工学部電気工学第二学科卒業、1989年大学院工学研究科電気工学第二専攻修士課程修了。京都大学博士(工学)。1989-1996年(株)島津製作所にて主に医用画像診断装置MRIの開発に従事。1996年京都大学大学院エネルギー科学研究科助手、同助教授を経て、2012年同教授、現在に至る。2002-2003年ノルウェーエネルギー技術研究所客員研究員。室内環境制御と知的生産性、拡張現実感、生理指標計測、e-Learning等の研究に従事。


副会長 藤田 欣也
1983年慶應義塾大学工学部電気工学科卒業。1988年同大学理工学研究科博士後期課程修了。工学博士。相模工業大学、東北大学医学部、岩手大学を経て、現在、東京農工大学大学院教授。作業者の割り込み許容度の推定、遠隔コミュニケーション、力触覚の提示と遠隔共有など、人と共生する情報システムのためのヒューマンインタフェースの研究に従事。2011-2014年度本学会理事。


副会長 大久保 雅史(選挙管理)
1985年大阪大学工学部卒業。1990年同大学院博士課程単位取得退学。1991年大阪大学溶接工学研究所助手。1993-1994年U.C.at Berkeley客員研究員。1995年岡山県立大学情報工学部講師、1997年同助教授。2004年同志社大学工学部(現理工学部)教授、現在に至る。博士(工学)。2014-2017年度本学会理事。2017年度日本機械学会設計工学・システム部門部門長。主として(遠隔)コミュニケーション、コラボレーションの解析および支援システムの開発に従事。


理事 狩川 大輔(総務)
2006年東北大学大学院工学研究科技術社会システム専攻博士後期課程修了。博士(工学)。同年、同大学産学官連携研究員、2008年同助教、2012年独立行政法人電子航法研究所契約研究員、2014年国立研究開発法人電子航法研究所主任研究員、2016年東北大学大学院工学研究科准教授、現在に至る。航空管制分野を中心にヒューマンファクターやレジリエンスに関する研究に従事。日本人間工学会、計測自動制御学会、日本原子力学会、日本保全学会、European Association for Aviation Psychology(EAAP)の各会員。


理事 小林 真(総務 兼 選挙管理)
1993年筑波大学第三学群基礎工学類卒業。1995年同大学大学院工学研究科にて修士(工学)取得、1996年同科中途退学。同年筑波技術短期大学情報システム学科助手、2003年同学科講師、2005年筑波技術大学保健科学部情報システム学科助教授を経て2007年より同学科准教授。2004〜2005年カールスルーエ大学客員研究員。視覚障害者や聴覚障害者を対象とした支援機器・エンターテインメント・コミュニケーション・教育に関する研究に従事。電子情報通信学会、バイオメカニズム学会会員。博士(工学)。


理事 坂本 隆(総務)
1993年大阪大学大学院基礎工学研究科を修了。博士(工学)。同年より通商産業省工業技術院電子技術総合研究所研究官。2001年より独立行政法人産業技術総合研究所主任研究員。現在の所属は国立研究開発法人産業技術総合研究所(人間情報研究部門)。2015年より中央大学大学院理工学研究科(連携大学院)客員教授。専門は人間情報学。特に福祉情報、感性情報、色彩と視覚の国際標準。電子情報通信学会、日本感性工学会、日本色彩学会、日本照明委員会、日本視覚学会、他、各会員。


理事 葛岡 英明(総務)
1992年東京大学大学院博士課程修了、博士(工学)。同年筑波大学構造工学系講師。現在、システム情報系教授。ACM CSCW、ACM/IEEE HRI、ACMICIC、ECSCWのプログラム委員等(1997〜)。ACM Conference on Computer Supported Cooperative WorkやACM/IEEE Human-Robot Interactionのステアリングコミッティの経験あり。CSCW、ヒューマンロボットインタラクション、その他HCIの研究に従事。日本バーチャルリアリティ学会、情報処理学会、日本ロボット学会、電子情報通信学会、ACM各会員。


理事 伊藤 雄一(財務)
1998年大阪大学工学部電子工学科卒業。2000年同大学大学院工学研究科博士前期課程修了。2002年同大学院情報科学研究科助手。2008年より大阪大学クリエイティブユニット准教授。博士(情報科学)。専門はヒューマンインタフェース、デバイスメディア、アンビエントコンピューティング、マルチモーダルデバイスなど。近年は特に人の行動取得と行動変容を無意識下に実施する無意識コンピューティングの研究などに従事。電子情報通信学会、情報処理学会、日本バーチャルリアリティ学会、ACM、IEEE各会員。


理事 木村 朝子(財務)
1996年大阪大学基礎工学部システム工学科卒業、1998年同大学大学院基礎工学研究科博士前期課程修了。博士(工学)。2000年大阪大学助手。2001年Mayo Clinic Special Project Associate。2003年立命館大学理工学部助教授、2004年同大学情報理工学部助教授、2007年から独立行政法人科学技術振興機構さきがけ研究員。2009年立命館大学情報理工学部准教授、2012年同教授、現在に至る。実世界指向インタフェース、マルチモーダルインタフェース、複合現実感に関する研究・教育に従事。


理事 伊藤 潤(会誌)
1984年東京工業大学工学部理工学研究科制御工学専攻修士課程修了。同年ソニー(株)入社。1998年主査(ユーザーインタフェース分野)2009年DistinguishedEngineer(同)。2015年UX測研を立上げ代表に。利用時の品質概念やUXの定量基準を策定し開発運用を含めた品質管理の普及啓蒙UXやユーザビリティ関連業務の受託や研究講演活動など。上智大学非常勤講師、人間中心設計推進機構副理事長。


理事 雨宮 智浩(会誌)
2002年東京大学工学部機械情報工学科卒業、2004年同大学大学院情報理工学系研究科修士課程修了、同年日本電信電話株式会社入社、NTTコミュニケーション科学基礎研究所勤務。現在同研究所主任研究員(特別研究員)。2014-2015年ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)認知神経学研究所客員研究員兼務。人間の知覚特性や錯覚を利用した力触覚インタフェース、障がい者支援、身体性や身体認知に関する研究等に従事。博士(情報科学)。


理事 高橋 信(論文誌)
1986年東北大学工学部原子核工学科卒業。1991年東北大学工学研究科原子工学専攻博士課程修了。工学博士。1992年京都大学原子エネルギー研究所助手。1996年東北大学大学院工学研究科量子エネルギー工学専攻助手、2000年同准教授、2002年4月東北大学大学院工学研究科技術社会システム専攻准教授、2012年8月同教授、現在に至る。大規模システムの安全、ヒューマンインタフェース設計と評価、航空システムのヒューマンファクター、脳機能イメージングの工学応用に関する研究に従事。原子力学会理事。技術研究組合制御システムセキュリティセンター多賀城本部長、京都大学客員教授(2016-2017)。


理事 石井 裕剛(論文誌)
1996年京都大学工学部電気工学第二学科卒業、1998年同大学大学院工学研究科電気工学専攻修士課程修了、2000年同大学大学院エネルギー科学研究科博士課程修了(期間短縮)。2000年4月同大学大学院エネルギー科学研究科助手、現在同准教授。2004年-2005年ノルウェーエネルギー技術研究所客員研究員。複合現実感、知的生産性、環境配慮行動等の教育・研究に従事。京都大学博士(エネルギー科学)。


理事 伊藤 京子(研究会)
1999年京都大学工学部電気電子工学科卒業、2004年同大学大学院エネルギー科学研究科博士課程修了。博士(エネルギー科学)。2004年大阪大学大学院基礎工学研究科助手、同大学コミュニケーションデザイン・センター助手等を経て、現在同大学経営企画オフィス特任准教授。2011年-2012年カリフォルニア大学サンディエゴ校Visiting Scholar(Computer Science and Engineering)。エネルギー・環境問題に関する議論・教育の支援や医療コミュニケーション支援などのインタフェースに関する研究に従事。


理事 大林 史明(研究会)
1996年京都大学工学部電子工学科卒業。2001年京都大学大学院エネルギー科学研究科博士課程終了。博士(エネルギー科学)。2001年松下電工(株)入社。現在、パナソニック(株)エコソリューションズ社。2012年より京都大学大学院エネルギー科学研究科非常勤講師。知的生産性や室内環境制御の研究に従事。


理事 竹内 勇剛(電子広報)
1999年3月名古屋大学大学院博士後期課程修了。博士(学術)。1996年11月から2001年3月までATR知能映像通信研究所研修/客員研究員。2001年4月静岡大学情報学部情報科学科講師。2002年4月-2004年3月ATRメディア情報科学研究所非常勤客員研究員。2004年4月より助教授(のちに准教授)を経て2014年4月より教授。人ではない事物に対する「人らしさ」の帰属に関して関心をもち、HAI(Human-Agent Interaction)を通した認知科学的観点に基づく研究に従事。日本認知科学会、人工知能学会、電子情報通信学会、情報処理学会、ACM各会員。


理事 山本 知仁(電子広報 兼 選挙管理)
1998年東京工業大学工学部電気電子工学科卒業、2004年同大学大学院総合理工学研究科知能システム科学専攻博士後期課程修了。博士(工学)。2004年金沢工業大学工学部情報工学科講師、同准教授を経て、2016年同教授、現在に至る。主にコミュニケーション時の身体動作の解析、モバイル端末による3次元ディスプレイシステムの研究・教育に従事。


理事 谷川 由紀子(国際リエゾン)
東北大学文学部卒。NEC中央研究所を経て、2016年よりNEC事業イノベーション戦略本部ビジネスデザインセンター勤務。教育工学、ユーザビリティ・UX向上プロセス/支援方式、特に近年はUX向上に携わるシステム設計者の認知・組織文化の研究、および人材育成に従事。日本教育工学会、日本認知科学会、日本認知心理学会、情報処理学会、電子情報通信学会会員。


理事 井野 秀一(国際リエゾン)
1988年北海道大学工学部電子工学科卒業。1993年同大学大学院工学研究科生体工学専攻博士課程修了。博士(工学)。1991年日本学術振興会特別研究員(DC)、1993年北海道大学電子科学研究所助手、1995年同講師、2003年東京大学先端科学技術研究センター助教授、2008年(独)産業技術総合研究所主任研究員。現在、同総括研究主幹。筑波大学連携大学院教授(兼任)。健康・福祉工学、生体医工学、バーチャルリアリティ等の人間支援工学に関わる学際的研究・教育および機器開発に幅広く従事。


監事 渋谷 雄
1985年大阪大学工学部通信工学科卒業。1990年同大学大学院博士課程終了。工学博士。同年京都工芸繊維大学工芸学部助手。同講師、同助教授を経て、2007年同大学教授。1997年-1998年ドイツ、カッセル大学客員研究員。ヒューマンインタフェース、メディアコミュニケーション、モバイルインタラクションに関する研究に従事。電子情報通信学会、システム制御情報学会、日本人間工学会、情報処理学会、モバイル学会、ACM各会員。


監事 福住 伸一
1986年慶應義塾大大学院工学研究科修士課程修了。同年NEC入社。2018年4月より、国立研究開発法人理化学研究所革新知能統合研究センター研究員。工学博士、認定人間工学専門家、HCD-Net認定人間中心設計専門家。科学技術の社会受容性の研究、ヒューマンインタフェースの心理学的・生理学的研究及び人間中心設計プロセス関連の研究開発に従事。2010年より首都大学東京大学院非常勤講師、2014年度はこだて未来大学客員教授。日本人間工学会理事、人間工学専門家認定機構長。ISO TC159(人間工学)/SC4(HCI)国内委員会主査。ISO/IEC JTC1/SC7(ソフトウェアエンジニアリング)Quality in Use エディタ。