特定非営利活動法人 ヒューマンインタフェース学会

ホーム > 学会案内 > 部会時代出版物バックナンバー

 

部会時代出版物バックナンバー

部会時代発行出版物の頒布について

本学会設立の母体であった、計測自動制御学会ヒューマン・インタフェース部会が発行しました出版物のバックナンバーの在庫分を、ヒューマンインタフェース学会を通じて頒布いたしております。

なお、部会報「Human Interface News and Report」は、各巻1年分(4冊あるいは5冊)をまとめてご購入いただくと、8,000円(消費税別)にて購入いただけます。

購入のお問い合わせはこちら

シンポジウム論文集

各冊8,000円(+消費税400円)

発行年 回開催地総頁
1986年 第2回 東京 640頁
1987年 第3回 大阪 516頁
1988年 第4回** 東京 406頁
1989年 第5回 京都 574頁
1991年 第7回 京都 636頁
1992年 第8回 東京 724頁
1993年 第9回 神戸 620頁
1994年 第10回 東京 680頁
1995年 第11回 京都 836頁
1996年 第12回 横浜 754頁
1997年 第13回 大阪 738頁
1998年 第14回 東京 762頁

なお、1985年(第1回)と1990年(第6回)は在庫切れで、**は在庫僅少です。

講習会資料

各冊5,000円(+消費税250円)

発行年内容総頁
1987年 「利用者インタフェースの共通化」他 151頁
1989年 「認知科学―認知の心理学・生理学・工学」 30頁
1990年 「人工現実感」他 145頁
1991年 「新生産環境のヒューマン・インタフェース」
「CSCW(Computer?Supported Cooperative Work)」
「感性とヒューマン・インタフェース」
230頁
1992年 「映像による伝達技術」「感性計測技術」「役に立つ人工現実感」
「ガイドラインと国際規格」「ペン入力コンピュータ」
「ノンバーバル・インタフェース」「利用者行動の分析」
182頁
1993年 「マルチメディアの魅力と可能性」「快適性とその計測技術」
「人間・機械協調システムの設計」「脳の働きとその進化」
116頁

部会報

各巻まとめて8,000円(+消費税400円)

巻-号テーマ(発表件数)定価(円)
1-1 都市と情報(4) 1,500
1-2 WWDU’86報告(15) 2,500
1-3 HIは何を目指すのか(7) 1,500
1-4 第2回研究会報告(7) 2,000
2-1 人をはかる(7) 欠番
2-2 人と交通(4) 欠番
2-3 ヒューマン・モデル(13) 3,000
2-4 身近かなインタフェース(4) 2,500
3-1 人をはかる(5) 2,500
3-2 福祉とリハビリテーション(11) 3,000
3-3 人と環境(5) 2,500
3-4 国際会議報告(5) 2,500
4-1 一般(14) 3,000
4-2 AIとHI (6) 2,500
4-3 作業行動の計測と認識(9) 2,500
4-4 シンポジウム論文)(2) 2,000
4-5 国際会議報告(7) 1,000
5-1 楽しめるインタフェース(6) 2,500
5-2 一般(6) 3,000
5-3 技と心(6) 2,500
5-4 シンポジウム論文(5) 2,000
6-1 感性をはかる(8) 3,000
6-2 人工現実感(12) 3,000
6-3 ペン入力とコンピューター(8) 3,000
6-4 コミュニケーションのデザイン(5) 3,000
7-1 対話と協調(9) 3,000
7-2 一般(8) / 人工現実感(19) 5,000
7-3 あいまい計画と感性評価(11) 3,000
7-4 認知科学から応用現場まで(9) 3,000
8-1 生理計測の応用とヒューマンモデル(11) 3,000
8-2 仮想現実(19) 3,000
8-3 ペン入力とコンピューター(6) 3,000
8-4 デザインと福祉工学におけるヒューマン・インタフェース(5) 3,000
9-1 感性工学(11) 5,000
9-2 一般(13) 5,000
9-3 人工現実感(15) 6,000
9-4 計装系のヒューマン・インタフェース(9)/一般(7) 6,000
10-1 ノンバーバル・インタフェース(9) 5,000
10-2 知的支援技術のヒューマン・インタフェースヘの適用(11)/人工現実感(17) 6,000
10-3 感性工学とヒューマン・インタフェース(7) 3,500
10-4 医療と福祉のヒューマン・インタフェース(11) 5,000
11-1 各種インタフェース設計法(9) 4,000
11-2 ヒューマン・インタフェースの多面的評価(11)/人工現実感(19) 6,000
11-3 ユ-ザビリティの設計と評価(8) 3,000
11-4 一般(8) 3,000
12-1 ノンバーバル・インタフェース及び一般(12) 5,000
12-2 人工現実感(21) 5,000
12-3 一般(18) 5,000
12-4 一般 (6)/ マンマシン・インタラクションの知的支援技術(7) 4,000
13-1 インターネット、マルチメディア、ヒューマン・インタフェース(11) 4,000
13-2 人工現実感(24)/コミュニケーションの心理・生理及び一般(18) 5,500
13-3 プロジェクション型仮想空間(5) 2,000
13-4 福祉工学一般(17) 5,000

(注) 第1巻~第13巻は1986年~1998年に開催されたヒューマン・インタフェース研究会に合わせて発行されました。研究会で発表された論文の他に、国際学会の参加報告などの記事が掲載されています。