特定非営利活動法人 ヒューマンインタフェース学会

ホーム > 学会案内 > 学会賞規程

ヒューマンインタフェース学会賞規程

第1条 本会にヒューマンインタフェース学会賞(以下学会賞という)を設ける。
第2条 学会賞は、ヒューマンインタフェースに関する優れた学術・技術論文の著者、および研究報告の発表者を表彰し、もって、この分野の発展に寄与する ことを目的とする。
第3条 表彰の対象者は本会の正会員、学生会員とする。
第4条 学会賞は次の4種とする。
1. 論文賞 
  本会の「ヒューマンインタフェース学会論文誌」に最近2年間に公表された学術・技術に寄与するところの大きい論文の著者に贈呈する。ただし、最近2年間とは表彰の前年および前々年の1月から12月をさすものとする。
2. 学術奨励賞 
  本会が主催するヒューマンインタフェースシンポジウムにおける優れた内容の発表者であって、過去に本賞を受賞しておらず、原則として発表した年の 12月31日において35歳未満の者に贈呈する。表彰の対象となる報告は、前年に開催された上記シンポジウムで行われたものとする。
3. 研究会賞
  本会の「ヒューマンインタフェース学会研究報告集」に最近1年間に公表された新規性・独創性・将来性あるいは実用性・完成度の高い論文の著者に贈呈する。ただし、最近1年間とは表彰の前年の1月から12月をさすものとする。
4. 特別賞
  ヒューマンインタフェース分野の発展や本会の運営などに顕著な功績を上げたものを、必要に応じて会長が推薦し理事会の審議を経て決定する。
第5条 受賞者には賞状ならびに副賞を贈呈する。
第6条 表彰は毎年度1回通常総会の当日に行う。
第7条 論文賞、学術奨励賞、研究会賞を審査するため、論文賞審査委員会、学術奨励賞審査委員会および研究会賞審査委員会をおく。論文賞審査委員会の委員長には論文誌編集委員長 を、学術奨励賞審査委員会の委員長にはヒューマンインタフェースシンポジウム大会長を、研究会賞審査委員会の委員長には研究会委員長を、委員には理事会の 推薦した若干名をそれぞれ会長が委嘱する。
第8条 第7条の審査委員会は論文賞の授賞候補を3件以内、奨励賞の授賞候補を5件以内、研究会賞の授賞候補を3件以内において選定し、順位と理由を付して理事会に報告する。
第9条 理事会は第7条の審査委員会の報告にもとづき、審議のうえ、論文賞、学術奨励賞、研究会賞の授賞を決定する。
第10条 本規程の改廃は理事会において決める。
   
附則  
1. この規程は2000年5月31日より施行する。
2. この改正規程は2005年3月3日よりこれを施行する。
3. この改正規程は2012年3月1日よりこれを施行する。
4. この改正規程は2014年5月9日よりこれを施行する。