特定非営利活動法人 ヒューマンインタフェース学会

ホーム > 学会案内 > 講習会資料集バックナンバー

 

講習会資料集バックナンバー

購入のお問い合わせはこちら

巻号年掲載内容論文価格/冊
1999
HIシンポジウム99併催
講習会資料集
「ヒューマンインタフェース基礎」
「バリアフリーインタフェースの基礎と応用」
「情報視覚化の研究動向」
「ヒューマンメディアプロジェクトにおける感性情報処理」
「インタラクションの分析の理論と実践」
「コミュニケーションと身体性」
218P 5000円
2001
HIシンポジウム2001併催
講習会資料集
「人間中心デザインへのエコロジカルアプローチ」
「ネットワーク時代の人間関係」
「ITを活かすヒューマンインタフェース」
74P 2000円
2001 Spring Seminar 「ホームネットワークのこれから」資料
  • 概要
  • 電力線搬送によるホームネットワーク
  • Bluetoothとその応用
  • 高齢者や障害者のためのホームネットワーク
54P+参考資料 2500円
2001 Summer Seminar
※在庫僅少
「ISO 13407セミナー実践編」
  • ISO13407の概要、現状について
  • 企業としての取り組み
  • 人間中心設計プロセス導入と認証について
  • ビジネスとしての活用と具体的実践例
110P 2500円
2002 Winter Seminar 「高齢者と障害のある人のためのデザイン」
  • ユニバーサルデザインソリューション ~対話型モノづくりの視点とプロセス~
  • 居住環境と福祉用具の工夫
  • 誰にとってもアクセシブルな自動車を目指して
54P 2000円
2002
HIシンポジウム2002併催
講習会資料集
「バリアフリーとユニバーサルデザイン-実用化への道- 」
「バーチャルリアリティー(VR)の生体影響と評価手法」
「HIのためのアプリケーションツール」
140P 2000円
2002 Spring Seminar
※完売致しました。
「WEBユーザビリティ」
-プロダクトデザインとの相違もふまえて-
  • プロダクトユーザビリティとWEBユーザビリティ
  • ウェブユーザビリティの現状と課題
  • WEBデザイン構築のポイントとユーザビリティ
  • ウェブユーザビリティにおける情報アーキテクチャ
53P 0円
2002 Autumn Seminar
※在庫僅少
「WEBユーザビリティ実践」
  • WEBサイトデザインマネージメント
  • ウェブユーザビリティの現状と課題
  • ウェブユーザビリティにおける情報アーキテクチャ
66P 2000円
2003 Summer Seminar 「音声ユーザインタフェースのデザイン」
  • パーソナルビューから見た音声ユーザインタフェースを考える
  • ユニバーサルデザインへの活用事例
  • 2足歩行ロボット「SDR-4X II」とのコミュニケーションへの適用事例
76P 2000円
2003 臨時 Summer Seminar 「Donald A. Norman 氏 講演会 Emotional Design」 8P 1000円
2003
HIシンポジウム2003併催
講習会資料集
※在庫僅少
コース3「新技術・産業創出への挑戦」 99P 1000円
2003
HIシンポジウム2003併催
講習会資料集
※在庫僅少
コース4「協調学習支援システムのデザイン:創発的分業の支援」 65P 1000円
2004 Winter Seminar 「ヒューマンインタフェース研究のための心理学実験・調査の基礎」 30P 2000円
2004 HIシンポジウム2004併催 講習会資料集 「ヒューマンインタフェース入門:人の特性を知って設計に役立てよう」
「ヒューマンインタフェース研究のための心理学実験・調査の基礎」
「バーチャルリアリティにおけるインタラクション設計」
「質的心理学(入門):HI研究の新しい視点を求めて」
「リスクコミュニケーションとヒューマンインタフェース」
コース1~コース5 2000円
2005 Summer Seminar 1.ヒューマンインタフェース研究のための心理学実験の基礎1
2.ヒューマンインタフェース研究のための心理学調査の基礎2
30P 2000円
2005 Winter Seminar 1.生理計測実験における基本的要件と自律神経系指標の計測
2.視覚系指標の計測
  2000円
2006 Summer Seminar
実験計画と統計の基礎:人を対象とする研究を始める前に
  1000円
2006 Winter Seminar
※完売致しました。
デザインマネージメント   0円
2007 Spring Seminar
人の活動データを設計・工学研究に活かす
-質的データ(エスノグラフィ)、量的データとペトリネット、行動エントロピー-


38P 2000円
2009 Winter Seminar 「改正迫るウェブアクセシビリティの規格(JIS X 8341-3)の改正のポイントと動向」

  • JIS X 8341-3の紹介と改正のポイント
  • JIS改正に関連する取り組み1~JIS解説書の作成
  • JIS改正に関連する取り組み2~JIS実装方法集の作成、アクセシビリティ・サポーテッド情報の整備
  • JIS改正に関連する取り組み3~改正版JISの試験方法について
  • JIS改正に関連する取り組み4~JIS解説書、実装チェックリストひな型作成

63P 
※“JIS X 8341-3の紹介と改正のポイント”は別添12Pとして付属させていただきますのでご了承ください。
1500円
2010 Summer Seminar

「HCI関連ソフトウェアの標準化動向と日本の状況」

  • ISO TC159/SC4
  • ISO TR159/SC4/WG6: Human-centred Design Processes for Interactive Systems
  • ISO TC159/SC4 WG5 - Software Ergonomics and Human Computer Dialogues
  • Current Status of ISO Standards in Japan and Issues for the Future - The Minimalist Approach -
20P 1500円
2010 Autumn Seminar1

 「ロボットメディアセミナー~ヒトとヒトを結ぶメディアとしてのロボットの研究開発~」

  • ヒューマンインタフェースのこれまでとこれから 
  • 決め手は「やってるやってる感 ~ロボットメディアとは何か~
  • ロボットのインタフェースをデザインする
  • 環境知能メディア~環境知能で拡がるメディアの可能性~
  • ネットワークロボットメディアとは?~実証実験を通した実践的研究開発~
87P 2000円
2010 Autumn Seminar2

 「質的分析」

  • 質的分析:M-GTAによる分析法 
  • エスノメソドロジ的相互行為分析概論
48P 2000円

2011 Autumn Seminar

※ 完売致しました。

「HI研究における質的研究アプローチ:エスノメソドロジー、エスノグラフィ、グラウンデッドセオリー」
  • エスノメソドロジー
  • グラウンデッド・セオリー(GTA)の概要
  • エスノグラフィとビジネスプラクティス
33P

0円

※ 完売致しました。

 

2012 Summer Seminar

※ 完売致しました。

「HI研究における質的研究アプローチ in 京都:エスノメソドロジー、エスノグラフィ、グラウンデッドセオリー」
  • エスノメソドロジー
  • グラウンデッド・セオリー(GTA)の概要
  • エスノグラフィとビジネスプラクティス
39P

 

0円

※ 完売致しました。

 2012 Autumn Seminar

「質的研究アプローチ【アドバンス編】 ― 修正版グラウンデッドセオリー(M-GTA)」
  • 質的研究アプローチ アドバンス編
    -修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチ(M-GTA)
43P 2000円