特定非営利活動法人 ヒューマンインタフェース学会

ホーム > 研究会 > ご案内

 

研究会が変わりました

2010年1月より,下図のように研究会運営体制が変わりました.
new_meeting.jpg
専門研究委員会の主導による運営により,各種の研究会がますます充実します!
より一層の研究発表,参加をよろしくお願いします.
新しい専門研究委員会を立ち上げませんか? 積極的なご提案お待ちしております.

主な変更点

主に以下のように変更されました.ご注意下さい.

  • 研究会運営組織の変更
    これまで研究会の運営を行っていた研究会委員会は,研究会運営委員会として専門研究委員会(SIG)の統括を行います.
    また,これまで研究会のテーマ担当あるいは研究談話会を開催していた専門研究会が,二つの専門研究委員会に分かれました.
    • 常設専門研究委員会
      定番分野の維持・拡大,運営期間は無制限,研究会(A)を年2回以上開催,研究会(B)の 随時開催など.
    • 時限専門研究委員会
      ホットな分野の開拓,原則1年の運営期間(更新あり),研究会(B)の随時開催など.
  • 3種類の研究会
    これまで研究会,研究談話会と呼ばれていたイベントを下記の3種類に再分類しました.
    • 研究会(A)
      ヒューマンインタフェース学会研究報告集へ掲載,学会予算(常設SIG)による運営.
    • 研究会(B)
      随時開催,独立採算(常設SIGまたは時限SIG)による運営.
    • 研究会(C)
      随時開催,学会予算(研究会委員会)による運営.
    これにより各SIGの活動の幅が拡がり,各SIGが主催する年間の研究会開催回数や,各種イベントによる発表機会が増えます. 是非積極的にご参加ください.
  • 研究報告集の完全電子化
    研究報告集が完全電子化されました.主な変更は以下の通りです.
    • 研究報告集の発行日が研究会初日の一週間前になりました.ご注意下さい.
    • 年間購読をご登録の方は,研究会開催前(発行日以降)に研究報告をダウンロードできるようになりました.
    • 年間購読をご登録の方は,過去に研究報告集に掲載された全ての研究報告をダウンロードできます.
    • 年間購読をご登録の方には,次年度早々には1年分の研究報告集(CD-ROM)が送付されます.
    • 年間購読をご登録の方への,これまでの紙媒体での研究報告集の配送は無くなりました.
    • 研究会当日に紙媒体の資料も購入できます.ただし,販売は少数ですのでご了承下さい.
    なお,研究会(B)の発表資料は研究報告集に掲載されませんので,この限りではありません.
    この機会に是非,研究報告集の年間購読を申し込みください.
    既にご登録頂いている方には,後日継続確認の案内を送付させて頂きます.

現在の専門研究会

2010年1月より,6つの常設専門研究委員会と1つの時限専門研究委員会が活動しています. それぞれの専門研究委員会に関する情報は専門研究委員会のページ をご覧になるか,各専門研究委員会のページをご覧ください.

2010年度の研究会(A)開催予定

3月 第59回研究会(SIGDE) 静岡
  第60回研究会(SIGNOI) 京都
5月 第61回研究会(SIGCE) 沖縄
6月 第62回研究会(SIGVR) 東京
7月 第63回研究会(SIGHC) 神奈川
  第64回研究会(SIGDE,SIGNOI)  
8月 第65回研究会(SIGACI)  
10月 第66回研究会(SIGVR)  
11月 研究会(SIGCE)  
  研究会(SIGDE)  
  研究会(SIGHC)  
12月 研究会(SIGACI,SIGDE,SIGNOI)  

また,上記の他にも,研究会(B)を随時開催いたします.積極的なご参加をお待ちしております.