特定非営利活動法人 ヒューマンインタフェース学会

ホーム > 専門研究委員会 > 専門研究会トップ

専門研究委員会

専門研究委員会は、特定のテーマに関する学術研究活動や重要事項の調査・研究を行うことを目的に組織され、研究発表や情報交換の場として研究会や講習会等を開催します。2014年1月より、以下の5つの常設専門研究委員会が活動しています。
ヒューマンインタフェース学会では、随時、新たな専門研究委員会を公募しておりますので、学会事務局を通じて、研究会運営委員会までご連絡下さい。


直近の研究談話会等

SIGCE第14回研究談話会:IoT時代における今後のコミュニケーションメディアを考える




アクセシブル・インタフェース専門研究委員会 (SIGACI)[常設]

委員長:小林 真(筑波技術大学)
本専門研究委員会は「高齢の人、障害のある人などのための、使いやすいヒューマンインタフェース実現」のために、これらの人々のニーズに立脚する基礎研究および応用実践研究の発表、討論の場を提供します。幅広い分野の研究者・開発者、さらには現場でご活躍の方々の参加をお待ち申し上げます。

問い合わせ先:
小林 真(委員長)筑波技術大学 kawano[at]a.tsukuba-tech.ac.jp
木村 貴彦(総務担当幹事)関西福祉科学大学 takimura[at]fuksi-kagk-u.ac.jp

コミュニケーション支援専門研究委員会 (SIGCE)[常設]

委員長:吉野 孝(和歌山大学)
本専門研究委員会は、人と人、あるいは人と人工物のコミュニケーションをより良いものに(エンハンス)するための方法論やシステムを、ヒューマンインタフェースに関する様々な視点から、密度高く議論する場を提供することを目的としています。コミュニケーションにかかわる方法論やシステムを研究している研究者や技術者、学生の皆様のご参加をお待ちしています。

問い合わせ先:
SIGCE 幹事団ML sigce-adm[at]sig.his.gr.jp

看護用具・用品開発に関わる専門研究委員会 (SIGHC)[常設]

委員長: 西山 里利(目白大学)
近年の高齢社会の進展に伴い,看護医療現場でのケア力の向上に関わる研究のニ-ズが高まっています.特に,ヒュ-マンインタフェ-ス研究の観点からは,① ケア力向上に関連する関係者のコミュニケイション・コンセンサス・コラボレイションを創発する各種e-コミュニティのインタフェ-ス,②ケア力向上に向けたニ-ズの整理に資するヒュ-マンインタフェ-ス分野の関連手法(インクル-シブデザインワ-クショップ手法や福祉社会調査各法等),③看護医療分野での用具・用品のヒュ-マンインタフェ-スの話題(製品の概念構築・製品開発過程・評価等の話題)の各種研究が重要になってきます.上記の研究議論の質的向上と量的拡大を図ることを目指しています.

問い合わせ先:
西山 里利(委員長)目白大学 nishiyama[at]mejiro.ac.jp
西山 敏樹(総務担当幹事)慶應義塾大学 bus[at]sdm.keio.ac.jp

安全管理支援技術専門研究委員会 (SIGMAS)[常設]

委員長:五福明夫(岡山大学)
本専門研究研究会は,高度な安全性を要求される分野における安全管理支援技術およ びこれに関するヒューマンファクターを扱うものです.多様な産業領域および学術分野から参加者を募って議論を行い,その知見を現場に反映させて安全性の向上に寄与することを目的とします.この目的のために,本会は,安全に関する

  • 支援技術
  • ヒューマンファクター
  • マネジメント

の学術および実務上の課題を,大学,企業,公的機関の研究者・実務家を交えた研究報告および事例報告を行う研究会,セミナー,談話会等を開催して,学術の知と現場の知を積極的に交換・議論します.そして,意見交換や議論を通して得られた現場の安全性の向上に関する知見を体系化して,社会に発信することを目指します.

問い合わせ先:
五福明夫(委員長)岡山大学 fukuchan[at]sys.okayama-u.ac.jp
杉原太郎(幹事)岡山大学 t-sugihara[at]okayama-u.ac.jp

ユーザエクスペリエンス及びサービスデザイン専門研究委員会 (SIGUXSD)[常設]

委員長: 福住伸一(日本電気
本専門研究研究会は、ユーザや対象とするモノが置かれている場、それらを取り巻く環境、さらにユーザ間などの要因を含めて、利用前・利用中・利用後のユーザ体験を向上させるためにすべきことは何か、また、その体験に基づいてサービスをデザインするためにすべきことは何か、について、主に社会学的・認知心理学的アプローチを中心に様々な観点から密度高く議論する場を提供することを目的としています。企業メンバー中心で運営しており、一味違った研究会にしていきたいと考えてます。多くの方のご参加をお待ちしております。

問い合わせ先:
福住伸一(委員長):s-fukuzumi[at]aj.jp.nec.com
大野健彦(副委員長):ohno.takehiko[at]lab.ntt.co.jp

バーチャル・リアリティー・インタラクション専門研究委員会 (SIGVR)[常設]

委員長: 竹村治雄(大阪大学)
バーチャル・リアリティーは学際的学問分野で様々な要素技術が集成して構成されています。また、リアルタイムの対話性を有することから、新しいインタフェース手法として様々な分野での応用が期待されています。本研究委員会は、バーチャル・リアリティーにおけるインタフェース関係全般の諸問題について、情報交換、研究発表の場とすることを目指します。

問い合わせ先:
竹村 治雄(委員長)大阪大学 takemura[at]cmc.osaka-u.ac.jp
伊藤 雄一(幹事)大阪大学 itoh[at]ist.osaka-u.ac.jp



活動を終了した専門研究委員会

アシスティブ・テクノロジー専門研究委員会(SIGAT)[常設]

委員長: 安部 伸治(広島工業大学)
本専門研究委員会では、アシスティブ・テクノロジー(支援工学)の手法や方法論と実践、支援工学における評価、支援工学を取り巻く社会科学的な検討等、アシスティブ・テクノロジー全般に関する基礎的研究と応用に関する議論の場を持ちたいと思います。本専門研究委員会は旧ノンバーバルインタフェース専門研究委員会(SIGNOI)の活動を引き継ぎ、発展的に改組、改称したものです。

問い合わせ先:
安部 伸治(委員長)広島工業大学 s.abe.pk[at]it-hiroshima.ac.jp
桑原 教彰(幹事)京都工芸繊維大学大学院 nkuwahar[at]kit.ac.jp


インタラクションのデザインと評価専門研究委員会 (SIGDE)[常設]

委員長:杉原 敏昭(JST CREST/桐蔭横浜大学)
本専門研究委員会は、ヒューマンインタフェース研究において重要な課題であるインタラクションデザインとインタラクション評価についての学術的、実践的な情報交換、人的交流の場を実現することを目指しています。
本会が対象とする主要な領域は以下の通りです。

  • インタラクションの手法とシステム
  • インタラクションデザインやシステム構築の方法論
  • インタラクションシステムの評価、分析、および、それら方法論
  • インタラクションシステムを実現するための要素技術や周辺課題
  • ユーザビリティやアクセシビリティのようなヒトとシステムとの関係性に関わる評価、および、それら評価のための方法論
  • インタラクションにおけるパラダイムや抽象的な概念論、他等、

本会は、これらの領域を題目とする学会研究会の主催、これらの領域についての学問的討議や情報交換を行う研究談話会、勉強会、ワークショップ等の開催を行います。これらの領域についてご関心をお持ちの方々の奮ってのご参加をお願い申し上げます。

問い合わせ先:
杉原敏昭(委員長) sugihara.4society[at]gmail.com

過去の記録

2017年度
SIGCE第14回研究談話会:IoT時代における今後のコミュニケーションメディアを考える
2016年度
SIGCE 第13回研究談話会「機械はコミュニケーションを理解できるか?」
2015年度
ユーザエクスペリエンスとサービスデザイン研究会 キックオフ談話会
SIGCE 第12回研究談話会「人工知能とコミュニケーションの未来」
2014年度
情報弱者のための災害時情報支援のあり方
SIG-DE UXデザインセミナー:UXデザインの上流工程の考え方とプロセス
2013年度
ヒューマンインタフェース学会研究会C「HI学会における研究会活動を考える」(C-01)
コミュニケーション研究、インタラクション研究における評価ワークショップ第1回
SIGACI, SIGAT, SIGDE合同研究談話会 支援工学における評価を考える
SIG-HC 2013年度第1回研究談話会「インクルーシブデザインワークショップによるPOL(人生の根源)の探究」
SIGCE 第9回研究談話会「障がい者・高齢者支援研究の動向・課題・問題点」
2013年度 SIGACI談話会  「支援技術開発の過ちから学ぶ新たな開発の方向性」
2012年度
第7回研究談話会「ミニマムコミュニケーション」
CollabTech 2012 (Sixth International Conference on Collaboration Technologies)
SIGDE研究談話会(ペン入力研究談話会)「デジタルペン・紙のデジタル化を考える」
ツーリズムとバリアフリーデザイン
SIGDE研究談話会 インタラクション研究の方法論とその実践、そして、その学術的成果の間にあるもの
SIGCE 第8回研究談話会「コミュニケーションツールに対するコネクティビティ 理解の齟齬」
SIG-DE研究談話会: 質的研究アプローチセミナー 【ツール編】~質的分析支援ツール(QDAツール)を使って修正版グラウンデット・セオリー・アプローチを学ぼう
2011年度
第3回研究談話会 「コミュニケーション場の利用・応用」
高齢認知症の方へのコミュニケーション支援-遠隔からの支援,及びエージェントによる支援-
SIGCE第6回研究談話会「視線とインタラクション」
ヒューマンインタフェース学会研究談話会(ペン入力研究談話会)「紙のデジタル化を考える、体験する:ペンデバイス入力、メモパッドアプリによるカメラ認識の試用と実地テスト」
2010年度
第4回研究談話会「場を共有する超臨場感テレワークWS」
第2回研究会(HI学会第67回研究会)
ヒューマンインタフェースシンポジウム2010 ワークショップ
第1回研究会(HI学会第61回研究会)