特定非営利活動法人 ヒューマンインタフェース学会

ホーム > 研究会 > プログラム

プログラム

概要

第151回ヒューマンインタフェース学会研究会

「個々のニーズに立脚した高齢者・障害者支援技術および一般(SIG-ACI-20)」


主催 ヒューマンインタフェース学会アクセシブル・インタフェース専門研究委員会(SIG-ACI)
連催 電子情報通信学会福祉情報工学研究会(WIT)
併催 感覚代行シンポジウム
共催 国立研究開発法人 産業技術総合研究所
開催日 2017年12月6日(水)~7日(木)
会場 産総研臨海副都心センター別館11階 第1・2会議室
[地図]
会場住所等 〒135-0064 東京都江東区青海2丁目4番7号
テーマ

個々のニーズに立脚した高齢者・障害者支援技術および一般

申し込み方法

「講演申込方法のご案内」のページをご参照下さい。受理された講演には申込締切後、1週間程度で原稿作成に関するご連絡をいたします。連催企画のため、申込多数の場合には先着順にて発表者を決定し、締切日後にお断りのご連絡をする可能性もあります。是非お早目にお申込みください。

原稿のページ数

10ページ以下の偶数ページ

資料

「ヒューマンインタフェース学会研究報告集(電子版)Vol.19」に掲載されます。
なお、2010年度より研究報告集の電子化に伴い、紙の冊子体は廃止いたします。また、年間購読者は、開催1週間前に学会ウェブページにて電子版研究報告集のダウンロードが可能となり、会場にて、USBメモリーなどからのデータコピーサービスも予定しています。
研究報告集の発行日は研究会開催前1週間となります。

参加費

参加費(1日あたり): 一般:1000円  学生:500円
(2日参加の場合は、一般:2000円、学生:1000円となります)
また、研究報告集の年間購読者は参加費が無料となります。

情報保障

本会では、ご参加者のご希望、ご事情に応じて、情報保障を行う準備があります。
情報保障をご希望される方は、別途、お問い合わせください。

問い合わせ先

SIG-ACI 小林 真(koba[at]cs.k.tsukuba-tech.ac.jp)


プログラム

[個々のニーズに立脚した高齢者・障害者支援技術および一般(SIG-ACI-20)]
2017年12月6日
9:45 - 11:50 [参加と活動(1)]
1. 小説のあらすじ創作を支援するシステム ~ユーザの創造性を高めるランダム文節生成機能の検討~
◯神取 敬矩・米村 俊一(芝浦工大)

2. 新たな車椅子強度基準の提案
◯香西 良彦・佐藤 宏惟・増渕 維摩・半田 隆志(サイテック)

3. 津波避難支援システム:避難場所入力エディタのUI設計
◯本道 真依・米村 俊一(芝浦工大)

4. 仮想空間における掃除行動に着目した遂行機能評価システムの提案
◯三原 顕仁・大井 翔・佐野 睦夫(阪工大)・田渕 肇・斎藤 文恵・堀込 俊郎・梅田 聡(慶大)

5. 遠隔グループワークにおけるアイディア創出支援システムの検討
◯當間 奏人,米村 俊一(芝浦工大)
11:50 - 13:00 [昼休み]
13:00 - 14:15 [ユーザーインタフェース]
1. 再帰型畳み込みニューラルネットワークを用いた重度肢体不自由者向け視線入力PC操作インタフェース開発
◯北原 啓州・土屋 翼・吉川 凌平・吉田 浩崇(早稲田大)

2. BCI文字推定法の改善による入力時間の削減
◯北村 翔太・田中 久弥(工学院大)

3. 中途重度障害者にとって使いやすいユーザインタフェースに関する心理学的研究
◯嚴 筵景・苅田 知則・柴田 論・八木 良広・伊勢本 大(愛媛大)
14:25 - 15:40 [支援のための信号処理]
1. ウェアラブルヘルスケア機器での心音と外部雑音の分離に関する一検討
◯内畠 充・桑原 教彰(京都工繊大)

2. 感圧センサとDeepLearningを用いた就寝姿勢識別システムの検証
◯村上 将吾・和田 健吾・岩元 美由紀・桑原 教彰(京都工繊大)

3. 可視光通信を用いた移動体制御のためのパーティクルフィルタによる誤差低減法
◯佐々木 衛(新潟大)・中澤 陽平(学習院大)・西森 健太郎・前田 義信・牧野 秀夫(新潟大)

15:50 - 17:05 [参加と活動(2)]
1. 読み書き困難児にはどのようなICT支援機器を体験するプロセスが必要か?
◯河内 望・山下祥代・苅田知則(愛媛大)・太田貴仁(愛媛しげのぶ特別支援学校)・青野美佳・水間香代・八木良広・伊勢本大(愛媛大)

2. 障がい者雇用優良企業を参考にした福祉作業所の現場作りについて
◯今野 加奈子(ブロードリーフ)・桑原 教彰(京都工繊大)

3. 電子書籍におけるものがたりの印象を強化するBGM自動再生システム ~プロトタイプシステムの開発と有効性評価~
◯山口 元気・米村 俊一(芝浦工大)

2017年12月7日
9:45 - 11:50 [視聴覚支援(1)]
1. 盲ろう者のコミュニケーションを支援するフット・インタフェース-触覚刺激の逐次提示方式の検討-
◯許 哲・米村 俊一(芝浦工大)

2. 人と顔の画像検出による視覚障がい者のための人行列の認識に関する基礎的検討
◯中川 翔平・滝沢 穂高(筑波大)・青柳 まゆみ(愛知教大)

3. 複数の音声認識ソフトを用いる情報保証方式の検討-音声認識エンジンの認識率低下の検出方法-
◯板東 真慶・米村 俊一(芝浦工大)

4. 遠隔支援による視覚障害者の保有視覚評価と視覚支援機器活用訓練の試み
◯伊藤 和幸(国リハ研)・石川 充英・河原 佐和子(都視支援センター)

5. 手話の空間的特徴に基づく映像圧縮システムの検討 ~手話キーフレームの自動抽出方法の検討~
◯品田 紗弥花・米村 俊一(芝浦工大)・筒口 拳(NTT)
11:50 - 13:00 [昼休み]
13:00 - 14:15 [視聴覚支援(2)]
1. 視覚障害者によるアイコン探索に適したタッチスクリーン端末サイズの検討
◯朝倉 黎・渡辺 哲也(新潟大)

2. 視覚障害を考慮した心肺蘇生法を支援するWebアプリ開発の試み
◯谷 賢太朗(新潟医福大)・平 康弘(新潟大)・神藏 貴久(新潟医福大)・前田 義信(新潟大)

3. 触地図における目盛りの数と探索時間の関係
◯加賀 大嗣・渡辺 哲也(新潟大)
14:25 - 15:40 [視聴覚支援(3)]
1. 動き特徴量を用いた動作を含む連続指文字からのインデクシング手法に関する検討
◯加藤雅也・森本正志(愛知工大)

2. 視覚障碍者歩行案内のためのBLEビーコン動的制御に関する検討
◯中澤 匠(新潟大)・若月 大輔・小林 真(筑波技大)・西森 健太郎・前田 義信・牧野 秀夫(新潟大)

3. モバイルPCとArduinoを用いた視覚障碍者歩行支援システム
◯藤林 博貴・越智 徹・中西 通雄(阪工大)
15:50 - 17:05 [遠隔支援]
1. 遠隔構音検査システムの開発
◯勝瀬 郁代(近畿大)

2. タブレット端末を用いた遠隔リハビリ支援装置 ~UIの改善と対話機能の実現~
◯梅田 優樹・磯西 優太・佐々木 豊・西森 健太郎・前田 義信・牧野 秀夫(新潟大)

3. Web-GISを用いたリハビリ患者居住地の標高表示とメッセージ登録機能
◯磯西 優太・梅田 優樹・西森 健太郎・前田 義信・牧野 秀夫(新潟大)

 

本プログラム内容は、講演申込時の情報に基づいて作成しています。研究会当日のプログラムとは細部において異なる場合があることと、開催までに、上記の記述についての修正、変更を予告なしに行う場合があることを予めご了承ください。

発表時間については、一般発表は発表20分+質疑5分を予定しています。


[投稿案内]