特定非営利活動法人 ヒューマンインタフェース学会

ホーム > 研究会 > プログラム

プログラム

概要

第129回ヒューマンインタフェース学会研究会

「個々のニーズに立脚した高齢者・障害者支援技術および一般(SIG-ACI-16)」


主催 ヒューマンインタフェース学会アクセシブル・インタフェース専門研究委員会(SIGACI)
連催 電子情報通信学会福祉情報工学研究会(WIT)
併催 感覚代行シンポジウム
開催日 2015年12月8日(水)~9日(水)
会場 産総研臨海副都心センター別館11階 多目的室
[地図]
会場住所等 〒135-0064 東京都江東区青海2丁目4番7号
テーマ

個々のニーズに立脚した高齢者・障害者支援技術および一般

担 当

SIG-ACI 小林 真 (筑波技術大学)

申し込み方法

「講演申込方法のご案内」のページをご参照下さい。受理された講演には申込締切後、1週間程度で原稿作成に関するご連絡をいたします。

原稿のページ数

10ページ以下の偶数ページ

資料

「ヒューマンインタフェース学会研究報告集(電子版)Vol.17」に掲載されます。
なお、2010年度より研究報告集の電子化に伴い、紙の冊子体は廃止いたします。当日は会場にて簡易印刷の少数部数を販売いたします。また、年間購読者は、開催1週間前に学会ウェブページにて電子版研究報告集のダウンロードが可能となり、会場にて、USBメモリーなどからのデータコピーサービスも予定しています。
研究報告集の発行日は研究会開催前1週間となります。

参加費

参加費(1日あたり): 一般:1000円  学生:500円
(2日参加の場合は、一般:2000円、学生:1000円となります)
また、研究報告集の年間購読者は参加費が無料となります。

情報保障

本会では、ご参加者のご希望、ご事情に応じて、情報保障を行う準備があります。
情報保障をご希望される方は、別途、お問い合わせください。

問い合わせ先

SIG-ACI 河野純大(kawano[at]a.tsukuba-tech.ac.jp)


プログラム

[個々のニーズに立脚した高齢者・障害者支援技術および一般(SIG-ACI-16)]

12月8日(火)

15:00 - 16:40 [情報支援(1)]
1. 聴覚障害者支援のための発話可視化モードの開発支援
○鳥羽祐輔・堀内大祥・まつ本真佑・佐伯幸郎・中村匡秀(神戸大)・内野智仁・横山知弘・武林靖浩(筑波大附属聴覚特別支援学校)
2. モバイルデバイス環境を考慮したリアルタイム話者変化検知
○立野真士・上岡英史(芝浦工大)
3. 視覚障害者のためのGamificationを適用した墨字学習支援システムの開発
○松本多恵(関東学院大)
4. 職場うつ予防のための組織シミュレータに関する一考察
○塩野目剛亮(筑波技大)・中村友美,森 浩平(東北大)
5. 初対面における会話を支援する話題推奨システムの提案
○石井 翼・米村俊一(芝浦工大)

 

16:40 - 16:50 [休憩]

16:50 - 18:50 [空間支援(1)]
1. 視覚障害者の旅行をガイドするツーリズム支援システムに関する検討
○郷家友喜・米村俊一(芝浦工大)
2. 臥位から歩行を可能にする自立生活サポートシステムの開発
○所 晃史・太田浩貴・小林 宏(東京理科大)
3. 介助型パワーアシスト車椅子の段差乗り越え特性と操作特性
○工藤和歩・三村宣治(新潟大)
4. TwitterとWebに基づく位置情報通知システムの情報表示法の検討
○高橋 徹・能勢和夫・吉川耕司・塚本直幸(阪産大)
5. 部分面型ロコモーションインタフェースにおける歩行速度変更意思の検出
○古家和樹・矢野博明・澁谷長史・岩田洋夫(筑波大)
6. 便座からの起立・着座動作時の頭部運動に着目した身体的負担に関する考察
○近井 学(産総研)・小澤恵美(昭和伊南総合病院)・土井幸輝(特総研)・島田茂伸(都立産技研センター)・和田親宗(九工大)・井野秀一(産総研)

12月9日(水)

9:30 - 10:50 [情報支援(2)]
1. HAPTICATION:視覚障がい者と晴眼者のための触覚的表現
○新山優佳・岡本 誠(FUN)
2. Enhancing Web Accessibility for Low Vision Users using Eye Tracking
○Rie Kamikubo・Keita Higuchi・Ryo Yonetani(UTokyo)・Hideki Koike(TITECH)・Yoichi Sato(UTokyo)
3. 手話合成エディタの開発
○渡辺桂子・長嶋祐二(工学院大)・加藤直人・宮﨑太郎・井上誠喜・梅田修一・清水俊宏・比留間伸行(NHK放送技研)
4. 聴覚障害学生のための音声認識字幕における誤認識の与える影響についての検討
○加藤伸子・佐藤知紘・三好茂樹・内藤一郎(筑波技大)
10:50 - 11:00 [休憩]
11:00 - 12:00 [空間支援(2)]
1. NIRSデータ活用による生活支援の可能性
○木暮嘉明・舩山朋子・内田恭敬・本間信生(帝京科学大)
2. コミュニケーションロボットを用いた介護レクリエーションの実証評価
○桑原教彰(京都工繊大)
3. 【キャンセル】
4. 疾走用下腿義足の最適アライメント推定法の提案
○高橋素彦・三村宣治(新潟大)・須田裕紀・前田 雄・霜鳥大希(新潟医療福祉大)・小野寺良二(鶴岡高専)・古俣 創(新潟大)
12:00 - 13:20 [休憩]
13:20 - 14:40 [情報支援(3)]
1. 触知グラフ自動作成システムによる触知グラフの触読評価実験
○渡辺哲也(新潟大)・荒木康輔(キヤノン)・山口俊光(新潟大)・南谷和範(大学入試センター)
2. Office365を用いた視覚障害者の自立・就労訓練のための学習支援サイトの構築
○島影瑞希・藤田 梓・江崎修央(鳥羽商船高専)・石川充英,山崎智章,濱 康寛
3. 聴導犬ロボットAcToRによる緊急情報伝達支援
○古橋道彦・中村剛士(名工大)・加納政芳(中京大)・山田晃嗣(IAMAS)
4. 視覚障害者向け漢字学習システムの開発
○宮田景介・渡辺哲也(新潟大)
14:40 - 14:50 [休憩]
14:50 - 16:10 [情報支援(4)]
1. 立体コピーに適した点字フォントの開発とその評価
○橋本孝博・渡辺哲也(新潟大)
2. 汎用コミュニケーションエイドVCAN/3Aのログデータを用いた利用者のコミュニケーション能力評価
○笹川佳蓮・林 豊彦(新潟大)・青木さつき(白根大通病院)・入山満恵子・棚橋重仁(新潟大)
3. カスタマイズ支援Webシステム“VCANエディタ”の使用性評価
○畠山 亮・林 豊彦・棚橋重仁・長谷川研人(新潟大)・藤川成康((有)銀座堂)
4. 汎用コミュニケーション支援WebシステムVCANの機能拡張
○長谷川研人・林 豊彦・棚橋重仁・畠山 亮(新潟大)・青木さつき(白根大通病院)・藤川成康(銀座堂)

16:10 - 16:20 [休憩]
16:20 - 18:00 [情報支援(5)]
1. ALS者の姿勢を考慮したBrain-Computer Interfaceの電極数と配置の検討
○伊地知悠紀・田中久弥(工学院大)
2. 盲ろう者を対象としたコミュニケーション支援システムの基礎検討
○田中友也・米村俊一(芝浦工大)
3. ユーザの移動可能範囲を考慮した津波避難支援システム
○徳田桂太・米村俊一(芝浦工大)
4. 小説執筆支援システム:初心者のあらすじ創作を支援する例示を用いたユーザインタフェースの提案
○神取敬矩・米村俊一(芝浦工大)・中村 航(作家)
5. 電子書籍におけるものがたりの印象を強化するBGM自動再生システムの提案
○山口元気・米村俊一(芝浦工大)


本プログラム内容は、講演申込時の情報に基づいて作成しています。
研究会当日のプログラムとは細部において異なる場合があることと、開催までに、上記の記述についての修正、変更を予告なしに行う場合があることを予めご了承ください。


[投稿案内]